トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜

海外・日本・企業
スポンサーリンク

世界最大の墓は日本にある。

世界最大の墓といえば有名な「ピラミッド」が思い出されるが、大阪堺市にある「前方後円墳」の形で有名な「大仙陵古墳」のほうが面積は大きい。長さはおよそ486mで前方部は幅305m、高さ約33m。後円部は直径245m、高さ約35mとなり、三重の濠の外周は2718m、その内側の面積は464,124だ。一般的には「仁徳天皇陵」という名前で知られており、エジプトの「ピラミッド」、中国の「始皇帝陵」と並んで「世界三大陵墓」といわれている。しかし、この陵域内へは自由に立ち入ることができず、詳しい発掘調査などがなされていない。そのため、仁徳天皇の墓なのか明確にされていないため、歴史の教科書でも「仁徳天皇陵」として書かれていたが、近年ではこの表記はなくなっている。

その他のカテゴリ

Copyright (C) 2008 トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ