トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜

海外・日本・企業
スポンサーリンク

O型はC型だった。

血液型がA、Bに続きOなのを疑問だとする人もいると思うが、もともとはC型であった。1901年にオーストリアのカール・ラントシュタイナー博士がA、B、C型を発見し、のちにAB型も発見した。この血液型に関するものが解明されていき、A型はA抗原を持つもの、B型はB抗原を持つもの、AB型は両方もつもの、そしてO型はどちらも持たないものと整理されていった。そこで、なんの抗原も持たない「0(ゼロ)型」となったのだが、手違いでアルファベットの「O」と誤解された。そこで最終的にアルファベットのOになったそうだ。

その他のカテゴリ

Copyright (C) 2008 トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ