トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜

海外・日本・企業
スポンサーリンク

イクラはロシア語である。

鮭の卵をばらした鮨のタネとしても広く知られるイクラの語源は、ロシアがルーツだ。元々は、ロシア語で「魚卵」または「小さいつぶつぶ」などの意味になる。ロシアではイクラのほかに、キャビアやタラコなど、魚卵とされるものすべてが「イクラ」と呼ばれ、イクラは「赤いイクラ(クラースナヤ・イクラー)」、キャビアは「黒いイクラ(チョールナヤ・イクラー)」、タラコは「メンタイイクラ」とされている。ちなみに、「明太子」の「メンタイ」も、「スケトウダラ」という意味である。

その他のカテゴリ

Copyright (C) 2008 トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ