トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜

海外・日本・企業
スポンサーリンク

四六時中は二六時中だった。

四六時中とは、4×6=24となり24時間中、つまり1日中の意味である。そして、江戸時代では時間は干支の十二刻で表されており、子ノ刻(昼の12時)、丑ノ刻(夜の12時)というように1日を12刻に分けていたので2×6=12時間で二六時中といわれていた。二六時中が四六時中となったのは、現代の1日の時間が24時間になってからである。江戸時代ではこのように「シャレ」のように言葉を表現することが多々あり、そば粉が8割とうどん粉が2割で打つことから「二八そば(にはちそば)」や、そばやうどんが1杯12文で売られていたことから「二六(にろく)」というものもあった。

その他のカテゴリ

Copyright (C) 2008 トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ