トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜

海外・日本・企業
スポンサーリンク

世界初のレトルト食品は、ボンカレー。

お湯で温めてすぐ食べられるレトルトカレーの代表商品であるボンカレーは、一般に向けて作られた世界初のレトルト食品である。商品を製作するにあたって、カレーは洋食のごちそうメニューとして人気で、メーカーでのカレー商品の競争率が高かったため、何か違ったものを作ろうとして作られたらしい。このレトルトの構造の研究には約2年の開発期間を要して1968年に満を持して初登場したらしいが、構造上に問題があったため翌年また改良版が登場した。ちなみに、ボンカレーの「ボン」は、フランス語で「美味しい」という意味であり、訳すと「美味しいカレー」である。

その他のカテゴリ

Copyright (C) 2008 トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ